脇汗によるかゆみの原因と対策方法


脇汗が出た後にかゆみが現れる原因は、長時間湿気ることによって雑菌が繁殖されやすくなるためです。また、汗の成分自体が皮膚に刺激を与えていることもありますので、汗をかいたらなるべくすぐに拭き取ることが大切です。
脇の汗が乾きにくくなるのは、ムダ毛が生えている場合です。ムダ毛が無くなれば短時間で乾くようになりますのでリスクを減らせますが、ムダ毛が生えていると風通りも妨げられますし、ムダ毛自体が水分を吸って少しの間それが持続されます。つまり、頻繁に汗をかくような状態だとたえず湿っていることになりますので、そうなれば皮膚への影響も大きくなります。
対処法としては、ムダ毛をきちんと取り除いておくことが大切です。ただし、再生してくるような方法で繰り返し処理を行うと皮膚表面に見えないくらいの小さな傷がついてしまったり、毛穴が開いて水分が蒸発しやすい状態を作ってしまいますので、再生してこないような方法がベストです。最近では光脱毛やレーザー脱毛といった優れた方法が登場していますので、皮膚に負担をかけずにムダ毛を取り除くのは難しいことではありません。また、同じ量の汗をかいてもアポクリン汗腺から出る汗よりエクリン汗腺から出る汗の方がサラサラで乾きやすいので、かゆみをはじめとした皮膚の異変を感じることが少ないようです。アポクリン汗腺から汗が出るケースとして意外と多いのがストレスや不安などの精神性の発汗ですので、リラックスできる時間を増やすことも効果的です。

ワキガとワキガ臭の原因


ワキガは、脇の下の汗が細菌によって分解されて臭いが発生する症状です。そして、このワキガの原因の9割近くが遺伝によるものといわれています。それは、ワキガの人は、脇の下にあるアポクリン腺の量が普通の人よりも多く、汗の量が多いとされています。このアポクリン腺には、タンパク質や鉄分、皮脂といった普通の汗には含まれていない成分が含まれており、これらの成分がワキガ臭の原因となります。そして、普通の人はアポクリン腺の量が少なくて発達していませんので、汗をかいてもアポクリン腺からは汗が出ないのワキガ臭がしないとされています。また、脇から分泌された汗は、肌や衣類に住み着いている常在菌に分解されて強い臭いに変化するといわれています。ですから、ワキガ臭の原因は、アポクリン腺から分泌される汗だけではなく、お肌や衣類の常在菌によるものといわれています。また、この常在菌は、アポクリン腺から分泌される汗に含まれているタンパク質などの栄養分を分解し強い臭いに変えるといわれています。すなわち、アポクリン腺から分泌される汗は、単純に分解されるだけではなく、常在菌のエサにもなりますので、ワキガ体質の方は、常在菌が繁殖しやすくなっているという特徴があります。このように、ワキガの症状は、常在菌によって強められてしまいますので、脇や衣類に住み着いてしまった常在菌を殺菌することによってワキガ臭の症状を緩和することができるといわれています。